Character Textures and Materials:jp

From Valve Developer Community
Jump to: navigation, search
English

キャラクタテクスチャとマテリアルの作成


ソースエンジン向けのモデルをコンパイルする際には、テクスチャファイル(.TGAファイル)のファイルの名前部分だけがマテリアルシェーダ(.VMT)の指定に使われ、テクスチャファイルの画像データ自身は使われません。これは簡単な.VMTファイルの例です:

"VertexLitGeneric"
{
     "$basetexture" "models/Humans/Female/naomi_facemap"
}

このファイルは単純にシェーダ種類(VertexLitGeneric)を指定し、画像として使うファイルである圧縮された.VTF画像形式へのリンクを含んでいます。


ソースエンジンで実行されるモデルをXSI Mod Toolを使って作成するときには、SDKをインストールしたときにできたSourcesdk_contentディレクトリに自分のテクスチャを置いてください。これらのディレクトリについてはSourceSDKのファイルとディレクトリ構造を参照してください。


この構造を利用していると、XSIでモデルにテクスチャをつけるときにmaterialsrc/models以下の.TGAファイルを指定することができます。そうするとモデルをコンパイルしてソースエンジンで読み込むときに、対応したmaterials/modelsディレクトリ構造の中の.VMTファイルを指すことになります。

vtex.exeをつかって.TGAファイルを圧縮形式である.VTF形式に変換することができます。Vtexを使用したテクスチャ作成についての詳細は[[Creating Materials]]を参照してください。