Difference between revisions of "DirectX Versions:jp"

From Valve Developer Community
Jump to: navigation, search
 
m (otherlang2)
 
(4 intermediate revisions by 4 users not shown)
Line 1: Line 1:
 +
{{otherlang2
 +
|en=DirectX_Versions
 +
|ru=DirectX_Versions:ru
 +
}}
 
[[Category:Japanese]]
 
[[Category:Japanese]]
originally translated by [[User:RumikoHoshino|RumikoHoshino]], 2005/9/14<br />
+
DirectXバージョンによる描画の違い
original English version: [[DirectX Versions]]<br />
+
==はじめに==
+
退行(fallback)マテリアル作成の参考にするためにDirectXの各バージョンの能力を説明するドキュメントです。DirectXのそれぞれの見出しに、1つ前のバージョンでは使用できなかった機能をあげていきます。
====
+
低品質のDirectXレベルをより新しいグラフィックカードでテストするには、コンソール変数''mat_dxlevel''を使ってください。これを60、70、80、81、90にすることで対応したDirectXレベルに設定しますが、グラフィックハードウェアの能力を超えたレベルは実行ができない可能性があります。
退行(fallback)
 
  
+
==DirectXの能力==
 
 
====
 
 
===DirectX 6===
 
===DirectX 6===
DirectX TNT2やMatrox
+
DirectX 6クラスのグラフィックカードにはNvidia TNT2やMatrox G400などがあります。
  
 
===DirectX 7===
 
===DirectX 7===
DirectX GeForce Radeon
+
DirectX 7クラスのグラフィックカードにはNvidia GeForce 256、2、2MX、4MXカードやATI Radeon 7xxxシリーズなどがあります。
  
*(Blob shadow)
+
*丸い影(Blob shadow)
*
+
*ディスプレイスメントマップテクスチャブレンディング
  
 
===DirectX 8.0===
 
===DirectX 8.0===
DirectX GeForce4 FX ()
+
DirectX 8クラスのグラフィックカードにはNvidia GeForce4 Tiと大部分のGeForce FX 5x00シリーズなどがあります(技術的にはDirectX 9カードなのですが、後者にはDX9レンダリングパスでの大きなパフォーマンス問題があります)
  
*''du/dv''(Refraction)
+
*''du/dv''マップを使った屈折表現(Refraction)
*
+
*動的な影
*
+
*法線マップを使用したワールドブラシへの方向つきライティング
*
+
*キューブマップを使ったスペキュラ効果
*
+
*キューブマップを使った水
*()
+
*低品質の反射する水(慎重に使用)
  
 
===DirectX 8.1===
 
===DirectX 8.1===
DirectX 8.GeForce FX RADEON 8500//
+
DirectX 8.1クラスのグラフィックカードにはNvidia GeForce FX 5800と5900、そしてATI RADEON 8500/9100、9000/9200カードなどがあります。
  
*
+
*動的な影のソフトエッジ
  
 
===DirectX 9===
 
===DirectX 9===
DirectX GeForce RADEON 9500///
+
DirectX 9クラスのグラフィックカードにはNvidia GeForce 6600、6800シリーズ、そしてATI RADEON 9500/9600、9700/9800、X300/X600、X800カードなどがあります。
  
*
+
*バンプマップを使った屈折表現
*()
+
*高品質の反射する水(頻繁に使用)
*
+
*動的な影のエッジがよりソフトに
*
+
*モデルでの法線マップライティング
*
+
*品質が向上したスペキュラ効果
  
 
==スクリーンショットサンプル==
 
==スクリーンショットサンプル==
======
+
===運河===
+
ディスプレイスメントマップテクスチャブレンディング、方向ライトマップ、キューブマップ、水の反射のデモンストレーションになっています
{|
+
{| class=standard-table
 
| DirectX 6.0 || [[Image:canals5_dx6.jpg]]
 
| DirectX 6.0 || [[Image:canals5_dx6.jpg]]
 
|-
 
|-
Line 58: Line 59:
  
 
===ドロップシップ===
 
===ドロップシップ===
+
影の品質がレンダリングレベルによって、無しから、ソフト、そして動的な影になることを示しています。
{|
+
{| class=standard-table
 
| DirectX 6.0 || [[Image:canals2_dx6.jpg]]
 
| DirectX 6.0 || [[Image:canals2_dx6.jpg]]
 
|-
 
|-
Line 72: Line 73:
  
 
===排水管===
 
===排水管===
+
方向ライトマップとキューブマップによるスペキュラ効果を示しています。
{|
+
{| class=standard-table
 
| DirectX 6.0 || [[Image:canals3_dx6.jpg]]
 
| DirectX 6.0 || [[Image:canals3_dx6.jpg]]
 
|-
 
|-
Line 86: Line 87:
  
 
===ゾンビ===
 
===ゾンビ===
+
モデルの法線マップの使用を示します。最後のスクリーンショットには、完全な法線マップライティングが示されています。
{|
+
{| class=standard-table
 
| DirectX 6.0 || [[Image:zombie_dx6.jpg]]
 
| DirectX 6.0 || [[Image:zombie_dx6.jpg]]
 
|-
 
|-
Line 99: Line 100:
 
|}
 
|}
  
====
+
==参照==
  
* [http://firingsquad.com/hardware/half-life_2_performance/ 3D Performance with Half-Life 2] - -Life
+
* [http://firingsquad.com/hardware/half-life_2_performance/ 3D Performance with Half-Life 2] - 様々なグラフィックハードウェアのHalf-Life 2実行における比較

Latest revision as of 10:45, 4 September 2011

English Русский

DirectXバージョンによる描画の違い

はじめに

退行(fallback)マテリアル作成の参考にするためにDirectXの各バージョンの能力を説明するドキュメントです。DirectXのそれぞれの見出しに、1つ前のバージョンでは使用できなかった機能をあげていきます。 低品質のDirectXレベルをより新しいグラフィックカードでテストするには、コンソール変数mat_dxlevelを使ってください。これを60、70、80、81、90にすることで対応したDirectXレベルに設定しますが、グラフィックハードウェアの能力を超えたレベルは実行ができない可能性があります。

DirectXの能力

DirectX 6

DirectX 6クラスのグラフィックカードにはNvidia TNT2やMatrox G400などがあります。

DirectX 7

DirectX 7クラスのグラフィックカードにはNvidia GeForce 256、2、2MX、4MXカードやATI Radeon 7xxxシリーズなどがあります。

  • 丸い影(Blob shadow)
  • ディスプレイスメントマップテクスチャブレンディング

DirectX 8.0

DirectX 8クラスのグラフィックカードにはNvidia GeForce4 Tiと大部分のGeForce FX 5x00シリーズなどがあります(技術的にはDirectX 9カードなのですが、後者にはDX9レンダリングパスでの大きなパフォーマンス問題があります)

  • du/dvマップを使った屈折表現(Refraction)
  • 動的な影
  • 法線マップを使用したワールドブラシへの方向つきライティング
  • キューブマップを使ったスペキュラ効果
  • キューブマップを使った水
  • 低品質の反射する水(慎重に使用)

DirectX 8.1

DirectX 8.1クラスのグラフィックカードにはNvidia GeForce FX 5800と5900、そしてATI RADEON 8500/9100、9000/9200カードなどがあります。

  • 動的な影のソフトエッジ

DirectX 9

DirectX 9クラスのグラフィックカードにはNvidia GeForce 6600、6800シリーズ、そしてATI RADEON 9500/9600、9700/9800、X300/X600、X800カードなどがあります。

  • バンプマップを使った屈折表現
  • 高品質の反射する水(頻繁に使用)
  • 動的な影のエッジがよりソフトに
  • モデルでの法線マップライティング
  • 品質が向上したスペキュラ効果

スクリーンショットサンプル

運河

ディスプレイスメントマップテクスチャブレンディング、方向ライトマップ、キューブマップ、水の反射のデモンストレーションになっています

DirectX 6.0 Canals5 dx6.jpg
DirectX 7.0 Canals5 dx7.jpg
DirectX 8.0 Canals5 dx8.jpg
DirectX 8.1 Canals5 dx81.jpg
DirectX 9.0 Canals5 dx9.jpg

ドロップシップ

影の品質がレンダリングレベルによって、無しから、ソフト、そして動的な影になることを示しています。

DirectX 6.0 Canals2 dx6.jpg
DirectX 7.0 Canals2 dx7.jpg
DirectX 8.0 Canals2 dx8.jpg
DirectX 8.1 Canals2 dx81.jpg
DirectX 9.0 Canals2 dx9.jpg

排水管

方向ライトマップとキューブマップによるスペキュラ効果を示しています。

DirectX 6.0 Canals3 dx6.jpg
DirectX 7.0 Canals3 dx7.jpg
DirectX 8.0 Canals3 dx8.jpg
DirectX 8.1 Canals3 dx81.jpg
DirectX 9.0 Canals3 dx9.jpg

ゾンビ

モデルの法線マップの使用を示します。最後のスクリーンショットには、完全な法線マップライティングが示されています。

DirectX 6.0 Zombie dx6.jpg
DirectX 7.0 Zombie dx7.jpg
DirectX 8.0 Zombie dx8.jpg
DirectX 8.1 Zombie dx81.jpg
DirectX 9.0 Zombie dx9.jpg

参照