Difference between revisions of "Building Mods with Valve Technology:jp"

From Valve Developer Community
Jump to: navigation, search
m (otherlang2'd)
m (otherlang2)
 
Line 1: Line 1:
 
{{otherlang2
 
{{otherlang2
|en=Building_MODs_with_Valve_Technology
+
|en=Building_Mods_with_Valve_Technology
 +
|zh-cn=Building_Mods_with_Valve_Technology:zh-cn
 +
|ru=Building_Mods_with_Valve_Technology:ru
 
}}
 
}}
 
Valveのテクノロジーを使用したMODの作成
 
Valveのテクノロジーを使用したMODの作成

Latest revision as of 16:38, 20 July 2012

English Русский 简体中文

Valveのテクノロジーを使用したMODの作成


"MOD"(他のゲームのコアテクノロジーを基としたゲーム)の作成が、新しいゲームを開発する最良の方法であることがとても頻繁にあります。Source Engine(訳注:HL2のゲームエンジンの名前)のように定評のあるゲームテクノロジーを基とすることで、チームの時間と努力をレンダリングテクノロジーやネットワークコードや衝突検知といったことではなく、クリエイティブなゲームプレイや独自のコンテントといったものに向けることができます。Source EngineとそのSDKは市場において一番効率的で、完全で強力なゲーム開発環境を提供します。そしてもしあなたがHalf-Life 2かCounter-Strike: Sourceを持っているのなら、もう既に完全なSDKを使用する権利があるのです。このSDKが自分のゲームを作るのに必要なもの全てです。

なぜSource Engineを使用するのか?

Source Engineを使用してMODとして自分のゲームを作るのがなぜ理にかなっているのかを示す理由の一部を以下にあげます:

Valve

  • ValveはMODコミュニティを熱心に支援することを続けます
  • またValveにはMODを完全な商用製品まで育てたという実績があります

Source EngineとSteamはMODのことを考えて設計されました

  • SDKは継続的にそして自動的に更新されます。新機能(例:HDRなど)も含みます
  • 強力な(そして無料の!)コンテント開発ツールセットが同梱されています
  • Source Engineは市場における最も柔軟で強力なエンジンです。
  • Source Engine/Steamプラットホームによってプレイヤー/カスタマーと直接関係を持つことができます

他の全てのアクションゲームエンジンのプレイヤーの合計を上回る大きなプレイヤーベース

  • 一番人気のプラットホームの一部であることからMODの注目性が生まれます
  • 巨大で、既に確立されたコミュニティとオーディエンスへのアクセス
  • オンラインPCアクションゲームの88%を占めるSteamのゲーム
  • 1ヶ月に約50億分のプレイヤープレイ分
  • 50,000のゲームサーバ
  • 常に100,000から220,000の同時接続ユーザ
  • グラフ


付属物: Half-Life 2の作成に使われた全てのツール

  • HL2のソースコード同梱
  • モデル作成を行うSoftimage XSI|EXP
  • ハンマーマップエディタ
  • 画像と例付きの完全なドキュメンテーション
  • コミュニティによるチュートリアルによって詳細まで補足
  • FacePoser(振り付けシーン作成)
  • Half-Lifeモデルビューワー

Source Engineの力

どのカテゴリにおいてもSource Engineは業界を主導するパフォーマンスを約束します。

  • レンダラー
  • マテリアルシステム
  • 高度なキャラクタ
  • 物理
  • 高度なAI
  • マルチプレイヤーネットワークコード
  • サウンドシステム
  • UI (Vgui)
  • プログラミング
  • ツール

Source Engineの機能についてはここを参照してください

作成を開始しましょう!

  • Steamを入手します
  • SDKをSteamから入手します
  • コミュニティに加わり、アイデアをWikiに追加し、ページで問題を議論し、メーリングリストに入りましょう
  • 作成を開始します!